本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

「ブラックリスト」について

弁護士からの回答

 上桂さんのようなご相談も多く寄せられる相談の一つです。

 まずブラックリストに載らないようにすることを最優先するのであれば、今はプロミスに対する過払金返還請求だけを行い、アコムとの関係での債務整理手続きはしないという方法があります。
 その後、プロミスから取り戻した金を返済資金として、アコムの借金を完済してから、アコムに対し、過払い金返還請求をするという方法をとれば、アコムもプロミスも完済後の手続きとなるため、ブラックリストに載る心配はありません。
 しかし、このような方法には、次のようなデメリットもあります。
 まず、プロミスから過払い金を回収した後に、アコムの手続きを始めるということになると、ずいぶん時間がかかってしまうことになります。
 ここ数年の過払金返還請求の嵐によって、貸金業者の体力はどんどん低下しており、アコムのような大手のサラ金であっても、いつ倒れてしまうかわかりません。
 もし、会社が倒産してしまうと、せっかくの過払金返還請求権が絵に描いた餅になってしまうのです。
 また、仮に今、適法な金利で計算をすれば借金が10万円になる状態だと仮定しましょう。この場合、現時点で手続きをすれば、減額した190万円に対する10パーセント+消費税が弁護士費用となるので、20万5200円になります。
 これに対し、200万円を完済してから手続きをした場合、190万円の過払金返還請求権を取得することになります。この時、仮に190万円満額を回収できた場合には、弁護士費用は20パーセント+消費税ですので、41万400円となるのです。
 こういった経済的な利益を考慮して、改めてどうするのかを考えていただきたいと思います。  

 後日談  
 結局、上桂さんは、経済的なデメリットを考えても、ブラックリストに載らないことを優先したいとおっしゃり、まずは、プロミスに対する過払金返還請求のみを行うという方針を立てられました。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331