本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

「破産か債務整理か」について

弁護士からの回答

 太秦さんのような相談は、借金問題を抱えておられる方なら誰でも不安に感じることでしょう。
 まず、最初のご質問ですが、5年程の間きちんと返済を続けていたのであれば、過払い利息の計算をすることで、借金の総額はある程度減ることになると思います。
 ですから、いきなり「破産」ということではなく、まずは「債務整理」として、過払い利息の計算をしてみることがよいでしょう。
 これによって、場合によっては、借金が無くなり、過払い金が戻ってくる可能性もあります。
 もちろん、逆に、そこまでの効果がない場合もあります。
 こればかりは、計算してみないことにはわかりません。
 そこで、借金がゼロになる場合、借金が50万円ほどになる場合、借金が150万円ほどにしかならなかった場合の3つのパターンに分けて考えましょう。
 まず、借金がゼロになる場合ですが、当然この場合には、手続きが終わった時点でサラ金との関係は終了します。債務整理が大成功に収まる場合がこれです。
 あとは、弁護士費用が18万円(税別)かかるのですが、こういった場合に備え、太秦さんの手続きの場合には、月3万円の積み立てをしていただきます。手続き終了時の積立金だけで弁護士費用が賄えない場合には、事件終了後にお支払いただくことになります。
 次に借金が50万円ほどになる場合、この場合弁護士費用が13万円(税別)かかりますので、これも積立金を使って精算します。
 問題は、50万円の返済の方法ですが、一般に、いろどり法律事務所では、債務整理手続きの場合には、過払い計算後の借金の残金を3年程度で完済するという条件で交渉を行うことにしており、アイフルやレイクとの間では、通常そのような内容で話がまとまります。
 ですから、月々の返済額が14000円程度となるよう、アイフルとレイクと交渉することになります。もちろん、「月3万円ずつ返済して早く完済してしまいたい」という交渉も可能です(これはサラ金にとってメリットのある交渉のため、比較的受け入れられやすい交渉です)。
 最後に、借金が150万円ほど残った場合ですが、まず、弁護士費用はこの場合3万円(税別)となります。この金額は積立金から引かせていただきます。
 ところで、150万円の借金を3年で完済しようと思うと、月々42000円ほどの返済が必要となります。太秦さんの場合、この内容で返済の約束をしても返済は困難です。
 そこで、こういった場合、5年間で完済する(太秦さんの場合なら月2万5千円)という交渉を行います。この時点で、アコムやレイクが断固60回払いに応じないのであれば、債務整理を続けることができず、破産などを考える必要が出てきます。逆に、アイフルやレイクがこちらの希望を受け入れてくれるのであれば、その内容で和解することになります。この場合、積立金を頭金として使うことで交渉を有利に進めることもできます。
 最後に、アイフルやレイクとの間で、返済方法の話合いがまとまってからの返済は、いろどり法律事務所を通してではなく、直接太秦さまで行っていただくことになります。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331