本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

「弁護士費用」について

弁護士からの回答

 京都花子さんのような質問は、実は少なくありません。
 というのも、過払いや債務整理の手続きを行っている弁護士や司法書士はある程度自由な報酬制度を設定できるのです。
 たとえば、京都の弁護士事務所だけでみても、十人十色といえる状況です。
 さて、そこでまず、過払い・債務整理の場合に、一般的に必要な費用について説明しましょう。
 弁護士や司法書士の費用としては、@着手金、A成功報酬、B実費、Cその他の手数料があります。
 まず、@の着手金は、事件の成果を問わず、弁護士や司法書士が案件をスタートさせる条件としていただく費用です。
 東京などでは着手金を取る事務所はずいぶん減っているようですが、京都・大阪などでは過払い金・債務整理手続きの場合には1社当たり2万円から5万円を取っている事務所が多いようです。
 次に、Aの成功報酬は、成果に対する報酬です。
 たとえば、債務整理・過払い金返還請求の手続きをすると、「借金を減らすことができた」という場合や、「払いすぎた利息分を取り戻すことができた」というような成果が上がります。
 多くの事務所では、借金を減らすことができた場合に減額金額に対する10%以上を、過払い金を回収した場合に、回収金額に対する20%以上を成功報酬としていただいています。
 次に、Bの実費としては、内容証明郵便などの特別の通信費や裁判をするときに裁判所に払うべき費用などがあり、大多数の事務所で、「依頼者の方が負担する」という方針がとられています。
 最後にCその他の費用として、裁判をする場合に別途手数料を要する事務所がありますので、その点は注意して確認してください。
 また、大阪や京都の事務所で、「着手金無料」ではあるものの「別途基礎報酬が●万円が必要」とか「最低報酬金額金●万円」としている事務所もあります。このような成果にかかわらず発生する報酬は、実質的には着手金と同じ性質ですので、十分に注意してください。
 さて、最後に、いろどり法律事務所の場合はといいますと、当事務所は、債務整理・過払い金返還請求手続きについては、法律相談も無料、着手金も無料です。
 また、基礎報酬や最低報酬金額の設定もありません。
 具体的には、債務整理で借金が減った場合には、減った金額に対する10%(税別)が成功報酬となります。
 また、過払い金を回収できた場合には、実際に帰ってきた金額に対する20%(税別)のみが成功報酬となります。
 つまり、依頼者の方にとってよい結果が出ない限り、弁護士報酬は発生しないということです。
 また、Cのような裁判を行う場合の弁護士に支払うべき手数料も発生しませんので、安心して債務整理・過払い金返還の手続きを進めていただけます。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331