本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

「取引の途中に一度完済している場合」について

弁護士からの回答

 大宮さんのご質問は、いわゆる「取引の一連性」とか「取引の分断」と言われる問題です。
 まず、過払い金返還請求権の時効は10年で成立するのですが、この10年をいつからカウントし始めるかというと、「一連の取引の最終完済時」からになります。
 それでは、大宮さんのように途中で、一度完済し、しばらく取引が中断している期間があり、その後再び取引が開始されたような場合、「一連の取引の最終完済時」はいつになるのでしょうか。
 もし、「昔完済したタイミングで、取引が二つに分かれる」と考えるのであれば、古い方の取引の完済時から時効のカウントがスタートしますので、時効が成立してしまい、新しい方の取引についてしか、過払い金を取り返すことができなくなります。
 一方、「途中で完済しているとはいえ、取引は一個のまま」と考えるのであれば、すべての取引が過払の対象となりますから、請求できる金額は増額されます。
 これについては、最高裁が一定のルールを示しています。
 具体的には、基本契約の個数が1個か2個以上かを判断し、基本契約が1個であれば一連と考える、2個以上の場合には分断と考える。ただ、2個以上の場合であっても、前の取引の終了と新しい取引の再開の状況によって、一連のものと考えるべき特別な事情が認められれば、一連の取引と考えるというものです。
 
 ところで、この争点が問題となる事案の場合、アコム等一部の優良業者を除いて、裁判前の段階では、貸金業者が取引の分断を譲らず、和解がまとまりません。
 ですから、適正な金額を回収したいのであれば、基本的に裁判によって解決することになります。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331