本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

「弁護士費用の支払い方法」について

弁護士からの回答

 今出川さんのような心配をされる方は多いのですが、ご安心ください。
 詳しく説明させていただきますね。
 まず、今出川さんの取引のお話しを伺うと、取引の期間自体がとても長いため、債務整理をすると、借金が無くなったうえで、いくらか過払い金を回収することができ、そこから弁護士費用をまかなえる可能性があるのではないかと思います。
 しかし、4年程前に借金が大きく増えているということから、過払い金が発生しない可能性もあります。
 もし、過払い金が発生しないということになると、減額報酬をポケットマネーからお支払いいただくことになります。もし、債務整理によって180万円あった借金が0になった場合には、当事務所の報酬計算の規定に基づき18万円と消費税分の合計19万4400円をお支払いいただくことになります。
 ちなみに、減額できた金額が少なければ報酬は少なくなりますし、数万円でも回収できれば、その分を弁護士費用にあてることができるので、ポケットマネーから支払っていただくことになる弁護士費用は最大この19万4400円です。
 しかし、これはけっして少ない金額ではありません。
 そこで、このような場合には、弁護士費用の支払いに備えて、月々可能な範囲での積み立てを行っていただき、最終的に、不足分があれば、その金額に応じて、一括または分割でお支払いいただくという方法をとっていただけます。なお、私どもで手続きをしている最中には、サラ金に対する月々の返済もストップしますので、ご安心ください。
 ですから、今出川さんの場合であれば、プロミスに支払える月4万円を、当事務所にしばらくの間、積み立てしていただくという方法をとっていただけます。
 なお、手続きの状況によっては、積み立てが必要なくなる場合もありますし、積立額をより少額にするというような対応が可能になる場合もございますので、ご安心ください。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331