本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

「過払い金の請求権を相続した場合」について

京都市西京区にお住まいの嵐山一郎(仮)さんからのご相談

 半年前、父が亡くなりました。父の相続人は、私と母だけということになりました。
 そして、つい1か月ほど前、父の遺品を整理していたところ、父が、過去にプロミスとの間で取引をしており、ちょうどなくなる3年程前に完済していることがわかりました。
 といっても、出てきたのは完済の際に渡された明細書だけのようで、父が何年ほど前からプロミスを利用していたのか、いくらくらい借りていたのかなどの情報はまったくわかりませんでした。私と母は、完済してしまっているのなら心配いらないだろうと思って放っておいたのですが、最近になって、友人にこの話をしたところ、「もし親父さんが生きているのなら今話題になっている過払金が取り戻せたんじゃないか?でも、親父さんもう亡くなっているし、こういう場合どうなるのだろう」という話になりました。
 そこで、私なりに調べたところ、過払い金が取り戻せるかどうかは、まず、父がどれくらい払わなくていい利息を払っていたかによるということがわかりました。しかし、家中いくら探しても、借金関係の書類が出てこないので、父がどんな取引をしていたのかについて、どうやって調べればいいかわかりません。
 また、ある事務所のホームページでは、相続人による請求が認められると書かれていたのですが、その場合、どのような資料が必要かもわかりません。
 もしよければ詳しく教えてください。

弁護士の回答はこちら

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331