本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

最高裁昭和43年11月13日判決

民集 第22巻12号2526頁

 この最高裁判例も過払金返還請求においてはとても重要な裁判例です。
 判例情報コーナーでも紹介した昭和39年の最高裁判決は、利息制限法のルールを超えて支払われた利息が借金の元本の支払いとして扱われるということを示しました。
 そして、この判決は、過払い利息を支払い続けたことによって、元金の返済が終わってしまった場合、それを知らずに、払いすぎた月々の弁済金がどうなるかについて重要なルールを示しました。
  その内容は次のとおりです。

 @ まず、借金の元本額が法律的にみて、すべて返済し終わっている場合、それ以上元本の返済  をする必要がない。
 A そして、借金の元本が存在しないのであれば、利息や損害金が発生することもあり得ない。 B そのため、利息や遅延損害金を支払う必要がない。  
 C したがって、債務者が利息制限法所定の制限をこえて利息・損害金の支払いを続けた場合に  、このルールを超えて払いすぎている過払い利息を元本に充当し、計算上元本が完済となつた  ときには、それ以降に支払われた金額は、「債務が存在しないのにその弁済として支払われた  もの」に外ならない。
 D そうである以上、「債務が存在しないのに支払われたお金」というのは、法律的には、何ら  の理由もなく回収されたお金に過ぎない(これを民法上、不当利得とよびます。)   
 E そこで、債務があると思って支払い続けた借主は、債務の存在しないことを知らないで支払  った金額の返還を請求することができる。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331