本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

ゼロ和解を持ちかけられている

過払い金が返ってくる可能性が高いといえます!!  

 現在、アコムやアイフルなど一部の大手サラ金業者・信販会社が、加速する過払い金返還請求の対策として、「適法な利率での計算(引直計算)を行った場合に借金がゼロとなり、過払い金を返さなければならない」という利用者に対して、積極的にゼロ和解を持ちかけるという方針をとっています。
 このゼロ和解というのは、貸主から、借主に対し「もう借金は払わなくていいですよ、これを機にお互い、請求しあうのはやめましょう」という約束を求める内容の和解です。
  しかし、当然のことですが、適法な利率で計算をしなおしても、残債務が残る場合、サラ金業者・信販会社自ら借金の請求を放棄することなど絶対にありません。
 
 つまり、こういった話が持ちかけられる状態というのは、かなりの確率で適法な計算によれば、借金が既に0円になっており、さらに、貸金業者が取りすぎたお金を顧客に返さなければいけない状態となっているということです。

  そこで、貸金業者としては、顧客が過払金返還請求手続きをするのを防止するために、ゼロ和解を持ちかけ、借金問題を終了させようとするのです。

  このような和解をもちかけられたとき、不用意に和解書を作成してしまうと過払い請求が困難になる可能性がでてきます。サラ金業者・信販会社の用意している和解契約書の中には、読み方によっては過払い金返還請求の権利を無効化させてしまうような規定が置かれていることがあるからです。  
 もしこういったお話を持ちかけられた場合、早急に当事務所までご連絡ください。 ベストな解決方法をもたらすアドバイスをさせていただきます。
 なお、すでにゼロ和解をしてしまったということでも決してあきらめないでください。弁護士松島達弥は、そういった案件の場合でも、過払い金を取り戻した実績がございます。
 ぜひ、お気軽に無料法律相談ダイヤルをご利用ください。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331