本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

司法書士と弁護士どちらに頼むほうがいい?

 結論としては、弁護士に頼むほうがより良い結果になりやすいといえます。
 弁護士に頼むほうが良い大きなメリットは2つあります。
 1つは、裁判で、どれほど多額の過払金を請求をする場合でも、弁護士であればご本人に代わって裁判を行うことができます。  
 これに対し、司法書士の場合には140万円以上の裁判を代理できません。そのため、ご本人が法廷に立たなければなりません。これは、かなり大きな負担となるものと思われます。
 次に、裁判の中で、貸金業者から難しい法律上の争点が主張されることがあります。
 そのような複雑な争点の場合、貸金業者の顧問弁護士が裁判を担当することがあります。
 このような場合には、やはり裁判のプロである弁護士に依頼するほうが良い結果が得られることが多いといえるでしょう。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331