本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

弁護士に頼まずに自分で過払金請求はできますか?

自分で手続きを行うことは可能です。  
その場合、ご自身で
@引直計算をしていただき、
A貸金業者に請求書を送り、
B貸金業者と交渉を行い、
C場合によっては、裁判を提起しなければなりません。

 このとき、必要な書面や証拠も全てご自身で準備していただき、法廷にも立っていただく必要があります。 また、貸金業者が法律的な反論をしてくることは少なくありません。このような場合に、ご自身でその反論の内容を勉強し、再反論をしなければなりません。

 弁護士に手続きを依頼するもっとも大きなメリットは、このように大変な事務手続きから法律的な主張に対する反論、そして裁判まで、一切を任せることができるという点です。
 特に、裁判の手続きまで全面的に任せることができるというのは弁護士に依頼する大きなメリットと言えるでしょう。 というのも、ご自身で手続きをされる場合はもちろんですが、司法書士に依頼した場合でも、過払金の金額が140万円を超える場合にはご本人が毎回裁判に足を運ばなければなりません。これは、司法書士に140万円を超える訴訟代理権が無いためです。
 また、裁判経験豊富な弁護士に依頼することで、より有利な解決を導きやすいということも言えます。 例えば、個人の方が交渉を行う場合、貸金業者は、交渉慣れや裁判慣れをしていない個人の方を甘くみて「少額の返済をかなり先の入金で行う」という交渉を平気でしてきます。しかし、弁護士相手であれば、そのような不誠実な交渉をしてくることは少ないといえます。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331